Img_3c67cb613a7018cd3defefece4ccb2b2
Img_0dd3f2a9352c144a5f7db338733950bd
Img_a3c37055d75cdd54347760c0705655fd

atelier A(アトリエ・エー)は、ダウン症、自閉症のこどもたちを中心とした絵の教室です。

____________________________________________

月1回開いているアトリエは、たくさんの才能と可能性を持ったこどもたちの笑顔と活気に満ち溢れています。(*月3回はサッカー教室、エイブルFCに参加しています)
スタッフはデザインやアートに関わる仕事をする方々が中心に集まり、一緒にたのしみながら、こどもたちが制作する環境作りをしています。限りなく自由に。こどもたちの心のおもむくままに。
こどもたちとスタッフが、おたがいに刺激しあい、友情を育み、それぞれに新しい発見をする場所として。年令や障がいの重度を問わず、たくさんの人との出会いを経験する機会として。アトリエAは、軽やかに、開かれた活動をしていきたいと考えています。

●アトリエ・エーの運営

1 日程:月1回、AM10時〜12時(第1、または第2日曜日)
2 費用:1回1500円
  内訳は1000円はスタッフ交通費、500円は材料費として。
3 スタッフ:メンバー1人につき1人を目指しています。

●アトリエ・エーの方針(2006)

○まず、アートやスポーツの素晴らしさのひとつに「誰もが参加できること」がある。年令や障がいの重度を問わず、可能性の発見、また沢山の人との出会いを経験する機会として誰もが参加できる場所を提供したい。
○アトリエ・エーの活動は、限りなく自由に、軽やかにを心掛けている。スタッフは基本的にアートに取り組む雰囲気づくりに徹し、描きたいもの、描きたいことを、こどもたち自身が見つけ、作品にしていくプロセスを支える立場に徹している。特に課題を出さないかわりに、教室の終わりにこどもたちに発表の時間を設けている。絵でも写真でも文字でも、その時間にスタッフとつくりだしたものを、みんなに披露することが目標となる。
○将来的には、アトリエ・エー自体で場所を持ちたいと考えている。また、アトリエ・エーのシステムやプログラムに、より多くの人が参加できるように、国内、海外を問わず、作業所や施設、ギャラリーなどと開かれたネットワークを形成していきたいと考えている。また展覧会の開催や、企業、媒体とのコラボレーションも積極的に行いたい。とにかく、普通に、平等に、社会のなかで仕事や教育、またはアトリエ・エーやエイブルFCのような場所に参加できる、選択できる、そんな環境づくりに少しでも役立てるよう、私たちの小さな取り組みも随時情報発信していきたいと思う。

Img_e931a54212595df2fe64987c65a61fcb
Img_23c14b9db345c45e8c22481b2a533940
Img_a682c9bd424236d41ed08a825f0368bc